SharePoint Teams

Teams会議を使ったオンライン授業、勉強会、研修【テスト・録画】

 

相談者
オンラインで社内勉強会を何回かやる予定です。
オンデマンド配信まで出来る方法はありませんか?

 

Microsoft365のアプリケーションを使えば、社内で目を引く勉強会を開催することができます。
龍之介

 

いつもと違ったオンライン授業、勉強会、研修を開催したい人は、電子書籍「新しいTeams会議のしくみ」をご一読下さい。

本の紹介

新しくなったTeams会議の基本から応用までを沢山の画像を使って説明しています。
開催者、発表者、出席者を理解することで、Teams会議の新機能を使って会議を円滑に行うことができます。
目的に合わせた会議、Microsoft365のアプリケーション(SharePoint,Lists,Stream,Forms,Teams)を連携させた簡単に作れて、本格的な仕組みを作ることも可能です。

 

 

この記事では、Microsoft365のアプリケーションを複数使ってできる仕組みを説明します。

本記事の内容

  • 参加方法
  • ブレークアウトルーム
  • テスト(フォーム)
  • オンデマンド配信(録画)
  • スマホ対応

 

 

この記事を書いた人


この記事を書いている私は、手順通りにMicrosoft365のアプリケーションを覚えることができる電子書籍をKindle出版しています。

 

いつもと違った勉強会を考えている人は、電子書籍をご一読下さい。
龍之介

 

参加方法

 

勉強会を開催するにあたり、問題点は、3つあります。

  • 勉強会の内容が分かりづらい
  • 勉強会の案内がメール(資料の添付)
  • 参加方法がわからない

 

このような問題点を解決するのがSharePointリストを使った勉強会の仕組みです。
龍之介

 

勉強会スケジュール

 

通常のTeams会議では、予定表に会議を予約して必須の出席者にユーザーを招待しますが、それだとどのような勉強会かは分かりません。

メールで勉強会の案内をする方法は、結局メールを探すことが必要になり、忘れてしまいます

事前に資料を送ることもありますが、メールやチャットを探した後にダウンロードする必要があります

SharePointリストをギャラリーでカード型にすることで、画像のような勉強会スケジュールを作成することが可能です。

 

 

勉強会の一つ一つがカード型になっていて、勉強会の内容とリンク(事前資料、会議リンク、動画リンク)が1箇所になっています。

 

 

 

メールやチャットで送らなければ、資料の変更は、ドキュメントライブラリにある資料を直接変更するだけです。

 

このSharePointで作ったリストは、Listsのアプリでも開くことができるので、お気に入りに追加すればSharePointサイトを開かなくてもアクセスできます

 

Microsoft Lists

 

 

Listsは、Teamsのチームにも追加することができます。

Teams

 

このようにどこからでも参加できるようにする。

そしてカレンダービューを使えば、勉強会スケジュールは、一目瞭然です。

 

Microsoft Lists

 

TeamsのチームにタブアプリListsを追加した時の使い方については、電子書籍「新しいTeams会議のしくみ」をご一読下さい。

 

 

ブレークアウトルーム(ブレイクアウトルーム)

 

ブレイクアウトルームが出来たことで研修でのグループワークができるようになりました。

無料で使えるマインドマップやホワイトボードをブレイクアウトルームで使えばディスカッションしながら描くことができます。

通常のTeams会議でマインドマップを使う場合は、予定表からタブを追加しますが、ブレイクアウトルームの場合は、「今すぐ会議」で会議を作ったのと同じになります。

ブレイクアウトルームでのマインドマップの始め方は、次の通りです。

 

Teamsブレイクアウトルームでマインドマップを使う

 

step
チャットをする

①ブレイクアウトルームに入ったらチャットをする。

 

step
チャットを開く

②「チャット」→ホワイトボードの隣の「+」をクリック。

 

step
MindMeisterを選択

③「MindMeister」をクリック。

 

step
MindMeisterを追加

④「追加」をクリック。

 

step
Microsoftログイン

⑤「ログイン」→『Microsoftのメールアドレス』、『パスワード』を入力。
※初めての場合は、アプリの認証などがある。

 

step
MindMeisterのタブ名入力

⑥タブ名の『マインドマップ』を入力。

 

step
MindMeisterが開く

⑦右上のタブを別ウィンドウで開くをクリックし、マインドマップを作成する。
※制御などを使うことも可能です。

 

ブレイクアウトルームを使った研修でディスカッションする場合は、マインドマップを使いましょう。

無料でも3つまで作ることができます。

 

テスト(フォーム)

 

勉強会であれば、投票よりFormsのクイズで作ったテストを使いましょう。

今まで行っていた対面の研修をオンラインでやるのなら、紙に書いたものを写真に撮ってアップロードしてもらいましょう。

スマートフォンとFormsを使えば簡単にできます。

 

テスト

 

Formsのクイズを使ったテストの作り方については、電子書籍「新しいTeams会議のしくみ」をご一読下さい。

 

Formsの質問にファイルのアップロードを追加する場合は、下記の通りです。

 

Formsファイルのアップロード

 

step
ファイルのアップロードを追加

①「+新規追加」→「V」→「ファイルのアップロード」をクリック。

 

step
ファイルの種類

②[新しいフォルダーがSharePointに作成されます。...」の表示がでたら「OK」をクリック。
ファイルをアップロードするとOneDriveに保存されます。
③質問を『アップロード』と入力し、必須を「オン」→三点リーダー「・・・」→「ファイルの種類」をクリック。

 

step
画像を選択

④「画像」をクリック。
スマートフォンで撮影する場合は、画像のみにします。

 

step
共有

⑤「共有」→「QRコードのマーク」→「ダウンロード」をクリック。
ダウンロードフォルダーにダウンロードされます。

 

QRコードをスライドに表示させればスマートフォンを使って写真を撮影してファイルをアップロードできます。

 

 

 

オンデマンド配信(録画)

 

Teams会議は、Streamの権限を持っていてば、レコーディングがStreamに保存されます。

これは、レコーディングを開始するのが、Streamの権限を持っている必要があります。(停止は、権限が無くても大丈夫です。)

 

 

ポイント

・ダウンロードして視聴する必要が無い
・動画にフォームを追加してテストができる
・勉強会終了後にすぐ視聴できる
・トリミング(編集)できる
・視聴数がわかる

 

Teamsの録画を使った視聴者がわかるオンデマンド配信のしくみもPower Automateで簡単に作ることができます。

Teamsの録画をオンデマンド配信する方法【登録、視聴履歴】

続きを見る

 

 

スマホ対応

 

勉強会であれば、昼食中や移動中などに参加、視聴することもあります。

時間を無駄にせずに、やる気がある人は勉強したいと思っています。

このしくみは、スマホのアプリ(SharePoint、Teams、Stream)に対応しています。

 

 

 

まとめ

 

今回は、Teams会議を使ったオンライン授業、勉強会、研修【テスト・録画】を説明しました。

Microsoft365のユーザーであればSharePoint、Lists、Stream、Forms、Teamsを使って勉強会のしくみを構築できます。

いつもは、メールで案内している人やチャットで案内している人は、参考にしてみて下さい。

4月から新入社員研修が始まります。

いつもと違う勉強会をすることで、参加者が増え、オンデマンド配信で理解を深めることができます。

こういう時期だからこそできることをしましょう。

 

Kindle Unlimitedを使ったことが無い方は、初回30日無料で読むことが出来ます。

>>「新しいTeams会議のしくみ」を(初回30日無料)で読む

 

本の紹介

新しくなったTeams会議の基本から応用までを沢山の画像を使って説明しています。
開催者、発表者、出席者を理解することで、Teams会議の新機能を使って会議を円滑に行うことができます。
目的に合わせた会議、Microsoft365のアプリケーション(SharePoint,Lists,Stream,Forms,Teams)を連携させた簡単に作れて、本格的な仕組みを作ることも可能です。

 

-SharePoint, Teams

© 2021 越後屋ブログ店